HOME > 観る・遊ぶ > 黒井城跡

観る・遊ぶ

黒井城跡

【丹波市観光100選】 公園・史跡・施設部門選定

黒井城の歴史は遠く南北朝時代まで遡りますが、国指定史跡の立派な山城を築き上げたのは戦国時代の終わり頃に城主となった荻野(赤井)悪右衛門直正です。

 

標高356mの頂上の本城部分も含め周囲8kmに及ぶ猪口山全体が巨大な要塞で、山中のいたるところに曲輪や土塁、空堀など遺構がそのまま現存し、典型的な戦国時代の山城跡と高い評価を受けています。

又、山頂からの展望がすばらしく、別名「保月城」ともいいます。

  •    朝陽に輝く 黒井城址
  •    山頂の様子
  •   雲海が見れる確率も高いのです
住 所 〒669-4141 兵庫県丹波市春日町黒井2263 ( 興禅寺 )
電話番号 0795-70-3501 (丹波市観光協会 かすが観光案内所)

 

毎年11月には『黒井城まつり』が開催され、まつりの際は手作りの甲冑を身にまとった武者にも出会えます!


詳しくは→ 黒井城まつり をクリック!