HOME > イベント情報

イベント情報

2019年02月03日(日)
折杉神社 粥占い神事

五穀豊穣を祈り、大鍋に米と竹管13本を入れて粥を炊き、竹管に入った粥粒の
多少により、今年の稲、麦、大豆等の収穫を占う伝統行事です。
併せて天候を占う儀式も執り行われます。

【日程】 2月3日(節分の日)午後3時~
【会場】 折杉神社 丹波市市島町徳尾
【神事】 起源は「修験者が伝えたのではないか?」という説もあるが不明である。
     折杉神社特有、近隣にない珍しい神事として、大事に受け継がれている。
     その昔、1月14日(太陽暦)夕刻から護国成就及び天候を占う儀式として執り行われてきた。
     現在は、毎年2月3日節分の日 15時から厳粛に執り行われる。
     祭事後、境内にて当番の氏子集が篝火を焚き、白米3合、篠竹13本(農作物13種類)を大鍋に入れ煮詰め炊き上げる。
     鍋から篠竹を引き上げ、竹を割り管に入った粥の多少によって、農作物の豊作、凶作を占う。粥は参拝者に無病息災を願い振舞われる。
     併せて残り火、熾きを鉄板に敷き詰め、樫の木で作った3㎝角の駒を12個、1月から12月まで並べて燃やす。その駒の焦げ具合によって
     月ごとの天候を占い、今のような情報のなかった時代、その年の農作物の作付けをする目安としていた。


☆JR市島駅よりタクシーで15分
☆舞鶴若狭道春日ICより福知山方面約20分、八日市信号を左折
【問合せ かすが観光案内所 ℡0795-70-3501